神栖市での講演です

7月2日、茨城県神栖市役所 健康増進課主催の講演を神栖市保健・福祉会館で行って来ました。

テーマは「健康づくりと減塩・適塩について

神栖市は茨城県の中でもメタボ高血圧脳梗塞などの疾病率が高く、特に女性における年齢調整死亡率が、全国でも高い傾向にあり、その原因として循環器疾患や生活習慣病などが考えられるとして、神栖市では食生活改善推進員の養成講座を開催して食生活改善推進員の普及に力をいれて住民の食生活改善に取り組まれています。

今回の講演は、神栖市食育サポーター養成講座の食育講演でした。参加者の方は現食育サポーターとサポーター養成講座の受講生及び一般市民方達約80名でした。

お話しは食生活習慣を改善するための方法や指導例について、減塩についてはナトリウムとカリウムの関係や調味料以外に食品にもナトリウムを多く含む食品があること、カリウムを多く含む食品を摂取することでナトリウムの摂取を控えることができる事等。皆さんが実践できるようなお話をさせていただきました。

今後食育サポーターの方が地域で活躍されることを願っています。

皆さんがとても熱心に聞いてくださり、担当の方も管理栄養士でしたのでお話しも通じる事が多々あり楽しい講演会となりました。皆さんに感謝です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です