札幌での講演

25日、(一社)日本電気教会北海道支部主催 電気記念日式典講演会で講演をさせていただきました。タイトルは「健康で幸せなシニアライフ」。傘寿功労者、考案者、人材育成功労者他約130名の皆様が参加されました。

傘寿ということは80歳です。傘寿の方は30名ほど参加されました。雪が降り足元が悪いのにも関わらずお一人で参加された方が多いのに驚きと感激を覚えました。

お話しは、高齢になるにつれて「食」について関心が無くなったり、不規則になることが多くなる傾向がありますので「今の元気を明日も続けていくための10か条」として
1、毎日おいしく食べる習慣を。
2、1日3食を欠かさず食べましょう。
3、バランスのとれた食事を心がけましょう。
4、エネルギー量やたんぱく質不足に注意しましょう。
5、牛乳やヨーグルトをしっかりとりましょう。
6、食事はよく噛んで食べましょう。
7、食器や盛り付けにも一工夫しましょう。
8、家族や友人と一緒に食事をしましょう。
9、水分を充分にとりましょう。
10、食欲がない時や体調がすぐれない時は。

食べることの重要性をお話しさせていただきました。傘寿を迎えられた方は、平均健康寿命の71歳をもうすでに超えられていらして、懇親会でのお食事もとても美味しそうに召し上がっていまして、とても微笑ましく思いました。皆様が90歳100歳までも今のお元気な状態でお過ごしになられますよう願っています。

最新の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です