食育を考えるワークショップ・江南での講演です

9月3日、愛知県厚生連 江南厚生病院主催 「食育を考えるワークショップ・江南」での特別講演としまして
「一生元気に暮らすための食事をお子さんに残すための食育」
というタイトルで講演を行ってきました。参加された方は、小児科医師、看護師、管理栄養士、栄養士、一般市民、約100名でした。

講演の内容は、
・「健康」について
・生活習慣が子供に与える影響
・食生活から心と体を健康に!

食育を進めるのに、まずは保護者、指導者などが健康で健全な食生活を送っていることが重要であるため、参加者の皆さんの健康意識についてのお話し、そして子供の時の環境が大人になっても影響してくるので、きちんとした環境の中で子育てをすることが重要。ということで「自分の生活を見直してみましょう」の4項目についてお話しをしました。

4項目とは
1、自分の健康目標を作り、食生活を点検する習慣を持ちましょう
2、家族や仲間と食生活を考えたり、話し合ったりしてみましょう
3、学校や家庭での食生活の正しい理解や望ましい習慣をつけましょう
4、子供のころから、食生活を大切にしましょう

次世代を担う子供たちが健康で健やかに育つために大人は何をすべきか考えなければならないでしょうね。

最新の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です