BMIと標準体重

●「ダイエット」という言葉~1日に何回聞く言葉でしょう。
テレビ・新聞・雑誌等また電車の中やレストランの会話の中で聞かない日はない位氾濫している言葉です。それも肥満の方なら納得もいきますが、えっと?思うくらい痩せている人たちが「ダイエットしているの~」「ダイエットしなくては~」と話しているのには驚きです。

●皆さんは自分の標準体重を知っていますか?
まず自分の標準体重を計算してみましょう。標準体重の計算式に使われている、体格「ボディ・マス・インデックス=BMI」この言葉はよく耳にする言葉と思います。このBMIの指標が、統計学的にその体重の人の疾病率が最も低い値が男性で22.2、女性で21.9という数値であった。つまり最も病気になりにくい値として、その基準値を男女共に22としました。この22という値を公式に当てはめて計算したものを「標準体重」としています。

計算式  標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

例 身長160cmの人の場合  1.6×1.6×22=56kgということです。
つまり160cmの人が56kgでしたら減量する必要はないのです。そして標準体重の±10%未満は正常範囲になります。しかし、この標準体重はあくまでも机上の計算で、例えば標準体重より2kg位多かったとしても体調も良く、検査結果の数値も正常であればその人にとってはその体重が理想体重となります。(あまりにも標準体重より多い場合は減量する必要があります)
自分の標準体重を知ったうえで減量する必要があるか否かを見極めることが重要です。

●BMI=22が理想の数値。では自分のBMIは?
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
例 身長160cm、体重60kgの人の場合 60÷1.6÷1.6=23.4ということです。
目標とするBMIの範囲は18~49歳は18.5~24.9です。

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを保ち、健康体重を維持してください。

最新の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です