親も子供も元気で暮らすための食育講座

6月20日、足立学園で「親も子供も元気で暮らすための食育講座」というタイトルで講演をさせていただきました。

内容は、保護者の皆さんには標準体重や、1日必要摂取エネルギー量の計算方法、ダイエットについて。そして、現在の子供の睡眠・朝食の摂取状況・食事と体調の関係など、平成26年度文部科学省から発表された「家庭教育の総合的推進に関する調査研究」-睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査ーより抜粋してお話しをしました。

幾つかの調査結果を書きだしてみますと、

◎午前中、授業中にもかかわらず眠くて仕方がない、小学生では よくある10.5% 時々ある24.6%。中学生では よくある20.3% 時々ある39.4%。高校生では実に よくある36.6% 時々ある41.9%。

◎朝食を食べない理由として小学生 食べたくない51% 時間がない29%、用意されていない6.2%。中学生食べたくない42%、時間がない30.8% 用意されていない10.7%。高校生 食べたくない30.7% 時間がない30.8% 用意されていない12.7%。

◎その他、朝食を食べない子ほど食べる子より調子が悪い。イライラする。体調が良くない。自分のことが好きでない等、

これらの結果を基に「食育」についてお話ししました。

足立学園は、中高一貫の私立学校で、場所は東京足立区千住にあり、私が伺った時は学生がテニスや吹奏楽部が練習をしていました。

この講演は、毎年開催されている保護者向けの講演会として行われまして、今回は保護者、校長、先生、など約400名近くの方が参加してくだささり、楽しくお話しすることができました。とても印象的でしたのが,PTA役員の皆様がとても明るく笑顔が素敵でして、校長先生、PTA会長も素敵なお人柄で感激しました。

講演後には素敵な花束を頂き、帰りの際は皆さんが校門まで両側に並んでお見送りをしてくださいまして本当に感謝です!

 

 

 

最新の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です