医療費が40兆円に~

厚生労働省は、2014年の医療費(概算)の総額が40兆円に上り、12年連続で過去最高額を更新したと発表した。1人当たり年間医療費は31,4万円で、同じく過去最高を更新した。
〇医療費がはじめて40兆円台に
 発表によると、2014年の医療費は概算で39兆9,556億円で、前年度と比べて約7,000億円(1.8%)増え、過去最高となった。
 ・医療費の主な内訳は、入院(医科)は16兆円(1.7%増)、入院外13,8兆円(同1.3%増)、歯科2,8兆円(2.9%増)、調剤7、2兆円(2.3%増)となっている。
 ・概算の医療費は、医療機関からの診療報酬請求に基づく集計の速報値で、国民医療費の約98%に相当する。このため確定値の医療費がはじめて40兆円になるのは確実。国民1人当たりの医療費は31,4万円(同2.0%増)で、75歳以上の後期高齢者では93,1万円、75歳未満では21,1万円だった。
〇高齢者の医療費が膨張 現役世代の負担増加
 ・医療費は、2003年以降、12年連続で過去最高を更新していて、保険料や税金を多く納める現役世代の負担が膨らんでいる。
 ・医療費の膨張について、同省では「高齢化の進展や、医療技術の高度化が主な原因」と説明している。
 ・75歳以上が人口に占める割合は12.5%だが、医療費総額に占める割合は36.3%で0.2ポイント上がった。
 ・医療費の財源は、患者の窓口負担は1割強に過ぎず、残りの5割が保険料、4割が税金でまかなわれている。窓口負担は原則3割だが、75歳以上は1割で済むことの影響が大きい。
 ・一方、価格が安い後発医薬品(ジェネリック)の使用割合は、昨年は数量ベースで56.4%と、前年度より8.4ポイント増えた。
〇1人当たり医療費、都道府県で最大1.5倍の差
 ・都道府県別の1人当たりの医療費(2013年度)も発表され、医療費の高い上位3県は、高知県(64,2万円)、山口県(63,1万円)、大分県(61,1万  円)で、低い上位3県は、千葉県(41,5万円)、埼玉県(42,5万円)、茨城県(42,8万円)だった。
 ・西日本が東日本より高い「西高東低」の傾向が続いており、最も低い千葉県と高い高知県で約1.5倍の差が開いた。
  高齢者が多い影響を除いても、千葉県と高知県とでは1.3倍の差がある。病院ベッドの数が多く、入院医療費が膨らみやすいのが一因だ。医療費の抑制には地域差の縮小も急務だ。 平成26年度 医療費の動向~概算医療費の年度集計結果~(厚生労働省2015年9月3日)
  
 現在、糖尿病および糖尿病予備軍は約2千万人、2025年には推定、認知症を患う人数が最大730万人に、高齢者の5人に1人が認知症になると予想されています。
 これは大問題です。医療費の節減も認知症の予防にも、規則正しい生活習慣や、食習慣および運動習慣を身につけることで予防できるはずです。
 そして、高齢者の方も元気で生活を謳歌している方もたくさんいらっしゃいます。反面1割負担だからといって病院を憩いの場にしている方も多いです。
 次世代の方達が安心して暮らせる社会になりますよう、すべての人が健康について今一度確認をしていかなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です